ツケヤキバ投資録-借金73万から始める仮想通貨取引-

パチスロで作った借金苦にあえぐ中年が人生一発逆転を目指し、ネット徘徊で得た知識で仮想通貨投資に挑みます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ほんとうは怖い仮想通貨】巨星墜つ。CCのネムが幻想入り 

巨星墜つ
「ネム、きみはどこにおちたい?」

仮想通貨界隈の最果ての窓際の凹んだとこらへんに陣取る当ブログを訪れるくらいですから、皆さん既にご存知のことと思いますが、日本一ポピュラーな仮想通貨取引所コインチェックが見事にやらかしました。

2018年1月26日、時価580億円相当のXEM(ネム)をハッカーに盗まれたそうです。
仮想通貨業界の覇権企業から一転、借金地獄へとその身を落としました。

ほんと、不幸はいつも斜め上から降ってくるものなんですね。
突然の暴落に耐える覚悟はしていたつもりですが、消滅は無理です。
仮想通貨資産の7割にあたるXEM(ネム)XRP(リップル)をコインチェックの口座に入れっぱなしにしていたので、私も昨日はだいぶ取り乱しました。

ただ私にとって不幸中の幸いだったのは、アフィ履歴を見る限り当ブログからコインチェックのアカウント開設をされた方は皆無だったという点です。
あーよかった空気ブログで。いないもの扱いされててほんとよかったわー。けっこういっぱいリンク貼ってたんだけどなー。。

とりあえず、ブログ上にあったコインチェックのリンク、目立つところは消しました。
これから全消し作業に入ります。

コインチェックもさすがにこの状況で新規アカウントの開設を受け付けてるとは思いませんが、これから仮想通貨投資を始めようと考えている方はご注意ください。
倒産や買収の線も含め、今後の動向がわかるまではコインチェックの使用は控えた方が良いと思います。

そんなわけで今回は、一昨日(2018年1月26日)23:30より開かれたコインチェックの緊急記者会見の内容+ネット情報を元に、一当事者としてこの騒動に対する感想文を書かせて頂きたいと思います。

先週のPornTokenの記事がどういうわけか跳ねて、基本1桁~2桁前半だった当ブログの日別アクセス数が今週は3桁になりました。
おかげさまでコメント童貞も卒業することができたので、今日は励みになる応援や、ためになるご指摘をくださった方への感謝の気持ちをこの場で長々と綴れればと思ったのですが、そういう流れでもなくなってしまいました。
(こんなブログにコメントをくださった方々、ほんとうにありがとうございました。とってもうれしかったです)


盗まれたXEMはコインチェックの資産か、顧客の資産か

この疑問への答えは会見の冒頭で示されました。
盗まれたのは顧客の資産です。

コインチェックが保管していたXEMはほぼすべて盗まれてしまったそうなので、私のXEMもあなたのXEMも、もうコインチェックには残っていません。
そうだろうとは思っていましたが、正直聞きたくない答えでしたね。。


いとも簡単にXEMを盗まれてしまったのは誰のせいか

盗んだやつが一番悪い、という点はもちろん前提とした上で言わせて頂きますが、コインチェックの過失は大きいと思います。
その結論は、会見でも言及されていた以下2点に由来します。


CCの過失1 XEM保管形式――同情の余地あり。でも過失。

Steins;Gateでダルが言ってた。
「ハッキングに対する最強の防衛手段はスタンドアローン(ネットワークに繋がないこと)だ」って。

仮想通貨のウォレットは簡単に区分すると▼の2種類に分けられます。

・ホットウォレット=オンライン
・コールドウォレット=オフライン

コインチェックはXEMをホットウォレットで保管していた。
つまり、顧客の資産をオンライン上で管理していたということですね。
外部とネットワークで繋がっている以上、干渉を受けるリスクは避けられません。

ただ、これが仮想通貨の取引所として完全NGな方式なのかというと、実はそういうわけでもないようです。

というのも、NEMはそもそも「こんなことにも使えるんだよ」という分野をみんなで増やしていくのがコンセプトの通貨。
その特性上、オフラインでの保管システムを確立するのは難しいとのこと。

まあ、これは確かにそうかなと思います。
管理者以外は触れない場所に置いてあるデータを、みんなで編集なんてできないでしょうから。

そういったシステム面での事情があるようなので、コールドウォレットで保管していなかったこと自体はコインチェックの過失ではないと思っています。

なら何が過失なのかというと、上記のような事情からホットウォレットでの管理を行っていたにも関わらず、さもコールドウォレットに保管しているかのように見せかけていたことです。

▼はコインチェック公式サイトの「安全性」説明ページのキャプチャーになります。
CCの考えた最強のセキュリティ

CCいわく、

coincheckでは、お客様からの預り金の内、流動しない分に関しては安全に保管するために、秘密鍵をインターネットから完全に物理的に隔離された状態で保管しています。


まあ、なにげに見出しで対象を「ビットコイン」に限定してはいますが、コインチェック全体のセキュリティについて述べるページでこの書き方はちょっとズルいですね。

さすがに「アルトコインなら危険な保管方法をしてもOK」と考えていたわけではないでしょうが、「ビットコイン以外はコールドウォレット未実装」ということなのであれば、それをちゃんと示す義務はあったと思います。

嘘さえつかなきゃ無問題、なんてスタンスじゃ信用商売は成り立たないでしょうに。


CCの過失2 NEM財団の推奨機能を不活用――擁護の余地なし。完全過失。

どんなウォレットに保管するか以前に、そもそもXEMには盗難を防止する機能がついているのです。
その機能はマルチシグと呼ばれています。

マルチシグネチャ(マルチシグ)
仮想通貨の「秘密鍵」を複数に分割することにより、セキュリティを高める機能。
通貨の移動に複数の「秘密鍵」が必要になるため、ハッカー対策として高い効果が期待されている。

この機能、XEMの発行団体であるNEM財団は最初から設定を強く推奨していたとのこと。
それをコインチェックが横着して未設定のまま放置していたわけですね。。

これは……擁護の余地がありません。
職人がどんなに高性能な金庫を作っても、管理者が鍵をかけてなかったら意味ないですもん。

会見ではCOOの大塚氏が「弊社のセキュリティが甘かったわけではない」とおっしゃっていましたが、おそらく完全にその場しのぎのための発言だったのでしょう。
まあ、私も一応サラリーマンなので、あんな状況に立たされたら事実や理屈を無視してああいう主張をしてしまう気持ちはわかります。。


最後の希望……NEM財団のホワイトハッカーさんの活躍

NEM財団より指名を受けた凄腕ホワイトハッカーの方が犯人のウォレットのマーキングに成功。
現在も追跡を続けてくれているそうです。

それと並行し、NEM財団は流出したNEMの自動追跡システムを開発中とのこと。
これにより、犯人は盗んだXEMを換金するのが困難になるようです。

技術的なことはまったくわかりませんが、ほんと、こういう人たちがいてくれるのは心強い。
コインチェック組は控えめに見てももう既に死に体なので、この方々が我々に残された最後の希望といえるでしょう。

ただ、NEM財団公式のコメント等を見ていると、それでも取り返せる望みは薄いとのことなので、過度な期待はせず進展を待てればと思います。


コインチェックさんへのメッセージ

正直、コインチェックにお預けしているXEMについては、もう諦めました。。
XRPも、成り行き次第では諦めるしかないかなと思っています。

ここで不満を書き綴ったこともあり、会見で記者団からフルボッコにされている姿を見たこともあり、この後どのような結果になったとしても、これ以上攻撃する意志はございません。

社長の和田さんは、聞けばまだ27歳とのこと。
人生の成功者に私のような負け犬が言うのはおこがましいのですが、どんな大きな失敗も「坊やだからさ」で済む年齢かなと思いますので、これにめげることなく、これからも仮想通貨界のためにご活躍ください。

そして、どうかお願いします。
この記事のメイン画像については見逃してください。


こんなとこです。
はあ。。
ほんとは今日、私のリアル知人紹介報酬を打ち消してくださったコインチェックへの恨み節を綴ったハートフルポエムを更新しようと思っていたのに、その計画も泡と消えてしまいました。

タイトルは「僕だけがもらえないアフィ」。
いやはや、こいつもネムといっしょに幻想入りですね。

★ネム泥棒さんへ★
普通に考えて、580億円も盗まれたら、中にはその損害が原因で自ら命を絶つ人も出てくると思います。
そういうのもわかっててやってんのかな? この人殺し。

【オススメ取引所】これから仮想通貨投資を始めようという方はこちら▼

Zaif

【もう国内ではあなただけが頼りです】貧乏人に優しい仮想通貨取引所

Zaifでアカウントを開設する

【草コイン取引所】これから草コイン投資を始めようという方はこちら▼

草コインの殿堂コインエクスチェンジ
Coinexchenge(コインエクスチェンジ)でアカウントを開設する

 

仮想通貨ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2ブログランキング
関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。