ツケヤキバ投資録-借金73万から始める仮想通貨取引-

パチスロで作った借金苦にあえぐ中年が人生一発逆転を目指し、ネット徘徊で得た知識で仮想通貨投資に挑みます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【仮想通貨投資の始め方】私的オススメ取引所 

取引所

私です。

さて、仮想通貨投資ですが「始めよう」と思ったその日にすぐ開始できるようなものではなく、まずやらないければならないことが一つあります。
仮想通貨を取り扱っている取引所のアカウント開設です。

この取引所、調べてみると日本国内だけでも多数あり、どこを選ぶかで手数料や信頼性に大きく差があるようです。
今回は、厳選した下記2つの取引所でアカウントを開設することにしました。

その2つというのが、コインチェックZaifです。

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で最も老舗の仮想通貨取引所です。
特筆すべきは、なんといっても取り扱っている通貨の銘柄数。
ビットコインしか売買できないという取引所もある中、ここは13種類もの通貨を扱っているのです。
(もちろんビットコインも取り扱っています)

あと、アプリ版が使いやすい。すごく使いやすい。
シンプルな画面構成で、ヘルプやマニュアルなんか無くてもサクサク進められます。
後述するZaifなんかがそうなんですが、巷にはあまり初心者に優しくない仕組みの取引所も多そうなので、付け焼刃以上の知識を持たない私としてはここをメインで使っていきたいなと思っています。

もう一つ見逃せないのが、このコインチェック、国内で唯一(たぶん)盗難補償があるんですよね。
せっかく購入した仮想通貨をハッカーに盗まれたとしても、100万円分までは運営が被害額を補償してくれるそうです。
なかなかに太っ腹。
まあ、それくらい儲けまくってるってことなんでしょうけど。。
裏では何やってるかわかんないですね。

安心して投資に集中したいなら、メイン取引所はコインチェック一択かなと思います。

コインチェックのアカウントを開設する

一つ難を挙げるなら、スプレッド(取引手数料のようなもの)が高い点でしょうか。
ただこれはコインチェックが「販売所」という形式である以上、致し方ないことなのかもしれません。

「販売所」というのは、運営企業がユーザーに仮想通貨を「販売」するという形式の取引所のことです。
この場合、仮想通貨は運営企業が仕入れた「商品」になるため、販売価格は企業の利益が上乗せされたものになってしまうわけですね。

それに対し、ユーザー間の取引を「仲介」する形式の取引所が「交換所」になります。
こちらはあくまで取引するのはユーザー同士なので、運営企業は通貨を仕入れる必要がなく、その分価格は安くなるというわけです。
※ややこしいので、基本的に当ブログでは「販売所」も「交換所」もまとめて「取引所」と呼びます。


Zaif



「日本円⇔仮想通貨」「仮想通貨⇔仮想通貨」、日本で初めてその両方のトレードを扱った取引所です。
このZaif、さきほども少し触れましたが、アプリ版が若干、いやけっこう……いや相当使いづらいです。

なんというか、事前に構造とか考えずに見切り発車で作り始めちゃったんだろうなーというのが素人の私にも伝わってくるような作りなのです。

では、数ある取引所の中でなぜそんなところを選んだのかというと、その不便さを補って余りある魅力がいくつもあるからに他なりません。

◇Zaifの魅力その1 『取引手数料マイナス1%』
投資をする身としてはマイナスと聞くと少々聞こえが悪いですが、これはつまり「取引をすればするほど、手数料を取られるどころか逆にお金がもらえる」ということですね。
元手が少ない人には特にうれしい仕組みです。どうやって利益出してるんでしょうか?
ここも裏では何やってるかわかんないですね。

◇Zaifの魅力その2 『XEMが安く購入できる』
XEM(ネムコイン)というのは、一攫千金を狙う私が特に期待をかけている仮想通貨です。
NEM.io財団という企業が発行しており、上場から既に数十倍の価値上昇を見せているとはいえ、まだ流通価格は1通貨20円台(2017年11月末現在)。
実績あり・後ろ盾あり・高性能・まだ安い、とかなり期待値の高い代物なので、早期リタイアの夢を託すに足る通貨と見ています。

NEM.io財団がZaifの運営元であるテックビューロ社と深く繋がっていることもあり、Zaifを通じてXEM(ネムコイン)を保有しておくと、他で購入するよりも色々と恩恵がありそうな気配がするのです。
(XEMはコインチェックでも購入できますが、手数料の面だけ見てもZaifで買う方がお得です)

◇Zaifの魅力その3 『日本初のICOプラットフォームCOMSAとの連動がある』
正直、これがZaifを選んだ最も大きな理由です。
ICOと聞いてもなんのことかピンとこないと思いますが、これは簡単に言うと仮想通貨の青田買いの場です。
上場前(企画段階)の仮想通貨に対し企業が投資を募り、ユーザーは投資の見返りとして実現予定の通貨をもらえるという仕組みになります。

このICO、仮想通貨で一攫千金を狙うのであれば避けては通れません。
外れの方が圧倒的に多いようなのですが、とにかく当たればでかい。
上場後、数十倍・数百倍の価値になることも珍しくはないのです。

私としましては、ミリオンなんちゃらシリーズでの反省を活かすことなく、果敢に挑戦していきたいと思います。

話が逸れました。
海外では盛んに行われているICOですが、なんと日本ではCOMSAが最初のプラットフォーム
一流上場企業主催のICOも来年には予定されているとのことで、まだまだ先行者利益が狙える立ち位置なのではないかと思います。
今後、そのCOMSAで扱うCMSトークン(ICOでの投資専用の通貨)を保有・取引するならば、やはり運営元が同じであるZaifに登録しておいた方が有利なのは明らかですね。
(CMSトークンの受取方法や手数料などで、すでに他取引所とは差が出ています)

Zaifのアカウントを開設する

以上、其の養分的オススメ取引所のご紹介でした。
他にも色々な取引所があるので、自分の重視する要素を備えたところを選んで、充実した仮想通貨ライフを送りましょー。

 

仮想通貨ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。